日々のふくしま

2011年3月11日から福島県に住む人たちの生活は、確かに変わった。

 

ある人は避難という形で、またある人は、風評という形で、

今まで知ることのなかった、思い描いていなかった人生を歩いてきた。

 今までと同じ日常の続きを歩いている人は一人としていない。


しかし、それでも人は生きている。

いや、この世に生を受けた以上、生き続けなければならない。

 

一方、震災後、我が福島県には復興に関するさまざまな会議、 

イベント、セミナーが開催されている。

 

そこには福島県民だけではない。

全国、あるいは世界各地から 

まちおこし、ファシリテーター、コミュニケーションの

プロフェッショナルな方々が福島県に入ってくださっている。

 

お伝えするのは、そのごく一部になるが、福島に住む いちライターの目線で、

みなさんにお届けできたらと思っている。

 

武田 よしえ