2017.8.31 「自分史フェスティバルin2017」にて。自分史体験講座講師をさせていただきました

武田が自分史活用アドバイザーとして登録している

(一社)自分史活用推進協議会が2013年から毎年8月に開催している

「自分史フェスティバル」。

2017年のテーマは「残そう、伝えよう、この想い」というものでした。

 

その一環として 

●プランづくり ●思い出さがし ●構成を考えよう ●書いてみよう 

の4テーマにわけた「自分史体験講座」を開催。

その中の ●プランづくり の講師をつとめさせていただきました。

 

45分という限られた時間で、みなさんに「人生の十大ニュース」を書き出してもらい

差し支えない範囲で、その内容をシェアしていただきました。

 

その後、書き出した「十大ニュース」をどう文章に組み立てていくのかまでを
武田自身の「十大ニュース」を例にあげて、みなさんにお伝えするところで

時間になってしまいました。

 

…講座終了後に「楽しかった」とご感想をのべた方がいらっしゃったり、

「忘れてしまっていた過去の体験を、しばらくぶりに思い出しました」と

話しかけてくださる方がいたりと、講師としても嬉しい体験でした。

 

45分間で人生のニュースを書き上げることは、実はとってもハードです。

けれど、思い起こしながら書き出す体験をすることで

「記憶」のフタがあき、タイムラグで自分の人生を振り返るきっかけにもつながります。

 

「もっとじっくり取り組みたい」「自分の人生と向き合いたい」と思う方はぜひ、

お問い合わせフォームからお知らせくださいね。

 

まずはお会いしましょう。そしておしゃべりしましょう!

そこからみなさんの自分史が始まりますよ!