福興ライターとは…?

"福島県に「福」を興す人たちを、コトバの力で応援するライター"のことです

福島県の地図

埼玉県生まれ、埼玉県育ちの私が、思わぬ夫の転勤により、

親戚・友人・知人の誰一人いない福島県に住むようになったのは

2000年のことです。

 

最初の頃は周りの環境になじむのが精一杯でしたが

福島県に移り住んですぐに待望の第2子を身ごもり

子どもの頃から憧れていた

                                      「書くことを仕事にする」夢を叶えてくれたのも

                                       福島県に来たことがきっかけです。

 

少しずつ地域の方々とつながりができる中で福島県内の地域情報紙、行政のPRビデオのシナリオ制作、地域の名所・旧跡を紹介するガイドブック制作などをさせていただく一方、住み続けているうちに知った福島県産の農産物のおいしさ。子育てを通して学んだ海・山・湖と美しい自然に恵まれた福島県の良さを、WEBを通して伝える活動を興している最中に東日本大震災が発生したのです。  

 

2011年3月11日のあのとき「自分に何ができるのか」と問うたときに出会った仕事が「福島県民23人の声」(歴史春秋出版)です。幸いなことに多くの方から「励まされた」「勇気をもらった」という共感のご感想をいただきました。それを励みに「福興ライターⓇ」を名乗りましたが、時間の経過と共に私の役割は変わりつつあると感じています。 

なぜ自分史が福島県に必要なのか?

自分史とは、自分の経験や生きてきた中で感じた思いを愛する子どもや孫たちに伝えるツールの一つです。震災の体験を、多くの人に知っていただくことは大切です。でもそんな方ばかりではないでしょう。自分が伝えたい人に、自分の思いや体験を知ってほしい。そんな方のために自分史は存在します

愛する我が子や孫達が、人生を歩む中でつまずいたときに「私の父は、母は、どう考え、どう乗り越えていったのだろう」と振り返るよすべになるのが自分史です。ですから自分史は自分だけのものではないのです。

 

一方で自分のことを振り返り、まとめていく過程で、今まで眠っていた自分の思いに気づくことがあります。おもいに気づくことによって、今まで抱いていた価値観がかわることもあるでしょう。

それもまた、自分史のおもしろさなのです。

 

福島県に「福」を興すための手立てとして「自分史」を広げることをやっていく

2013年に自分史活用アドバイザーという資格を知り、その理念に共感。

福島県に起きたあの「震災」を伝えるツールにもなりうると、自分史を普及する活動を始めました。

と同時に、今現在も「福島の復興に向けて」前を向いている方々に共感を覚え、取材もしています。

 

しかし福興ライターⓇの役割は、福島県の復興を取材し、発信するだけではありません。あの震災を乗り越えた福島県民が、ご自身なりの「幸せ」を見つけるすべになること。そのすべての活動をコトバのチカラを通して行うことこそ、大切だと考えております。

ニュース

2018年4月18日 「ふくしま百年基金」発起人会(2)をアップしました

2018年4月17日 「ふくしま百年基金」発起人会(1)をアップしました

2018年1月10日 「自分史講座開催実績」をアップしました

2017年12月15日 「自分史講座 受講生の声」をアップしました

2017年12月2日 日々のふくしま「ふくしま百年基金」キックオフイベント

        ここからはじまる「ふくしま百年基金」(1)記事をアップしました

2017年12月2日 日々のふくしま「ふくしま百年基金」キックオフイベント

        ここからはじまる「ふくしま百年基金」(2)記事をアップしました

2017年12月2日 日々のふくしま「ふくしま百年基金」キックオフイベント 

                         ここからはじまる「ふくしま百年基金」(3) 記事をアップしました

2017年8月23日 日々のふくしま 福島県庁記者クラブにて「ふくしま百年基金」発表

         会見内容を記事にしました。

2017年7月29日 5回にわたり開講した「和綴じ自分史教室」の記事をアップしました

成、インタビュー依頼/福島県の復興を、コトバの力で伝える 福興ライター(R)武田よしえのホームページです☆